カレンダーの配布なら|どこに名入れするかによってノベルティの価値が変わる

どこに名入れするかによってノベルティの価値が変わる

婦人

カレンダーの配布なら

カレンダー

年末になると、営業マンなどがお世話になっている取引先などにカレンダーを配るケースが多い。カレンダーを配ることで、お礼の印に出来る他、自社の宣伝広告を入れることで、その企業のアピールに繋げることができることなどから、カレンダーを配布する企業は多い。これらのカレンダーの中でも、取引先がデスクワークの人が多いケースでは、卓上カレンダーを配布することがある。卓上カレンダーは、デスクに置くことで日付を確認できたり、スケジュールを検討する際には利用しやすいものである。その為、通常の大判のカレンダーと合わせて卓上カレンダーを配布している企業が多くなっている。これらのカレンダーでは、社名入りのものを発注して作成することが通常である。

自社の社名や宣伝広告を入れた卓上カレンダーを作成したい場合には、通常は専門業者に委託して作成することになる。これらの作成については、発注から手元に届くまでに時間が要することがある。カレンダーを取引先などに配布する場合には、通常は年末に配布する必要があるため、これらに間に合わせるためには早めの手配を行い準備していくことが必要である。また、効果的なものとするためには、デザインなどの検討もポイントである。卓上カレンダーでは、広告効果を出すためにはデスクなどにおいてもらう必要がある。その為、カレンダーにメモを記載できるかや大きさが適切かなど使いやすさや見た目にも気にする必要がある。これらを考慮することで、効果をあげられる。