ならではのメリットに期待|どこに名入れするかによってノベルティの価値が変わる

どこに名入れするかによってノベルティの価値が変わる

婦人

ならではのメリットに期待

封筒

中身が伝わり珍しくもある

透明封筒の特徴は一見して内容がわかることや珍しさです。よってそうした目的で利用される例が多いです。ダイレクトメールのお得感を伝えるなど、透明ではない封筒では伝わりにくかったり開封を行って貰えない場合などに役立っています。透明封筒という珍しさからも目に留めて貰いやすく、また、中身は紙類であることが多いので処分を分別する場合が多くその際に目に留めて貰いやすいこともあります。透明封筒はダイレクトメールに利用されることが多く、目に留めて頂く、開封して頂くということにかけては封筒の中でも群を抜いているので人気があります。一方で、防水を目的とした利用もあります。水に濡れると不都合が生じる場合などです。また、小物を同封する場合など、紙の封筒では破損の恐れがある場合などにも利用されています。

入れ方や素材やサイズなど

透明封筒を利用する際に注意すべき点は、宛名の部分に直接ペンなどで書かないことです。水性では滲みますし、油性でも透明封筒の種類や透明封筒の中身よっては見えにくいです。宛名が見えにくいと配達されなかったり誤配達になりかねないので注意します。また、透明封筒を利用する際は中身の入れ方にも注意します。表面も裏面も両サイドも見える封筒ですから、それを意識して入れます。広告が目的ならその点を生かすよう入れます。宛名の位置にお得感を出したり、開封する位置に利用期間を見えるようにするなど、開封する前でも中身の主要部分が伝わるようにすると興味を持って頂きやすいです。他に注意点は、ふたが無い透明封筒の場合は中身が出やすいので入れるものを注意します。滑りにくい素材や逆さにしても落ちない大きさなどで、サイズが小さいほど逆さや傾きで出やすいので入れる物を注意します。